冬の北海道は雪と温泉と料理で最高

旅行が好きなので今までいろいろなところを旅行しました。 その中でも一番印象に残っているのは北海道です。 北海道に行きたいと言い出したのは母でした。 冬は寒いのにわざわざ寒い北海道に行かなくてもいいのにと思っていました。 しかし行ってみると想像していたより寒くありませんでした。 それに雪がサラサラでとても気持ちがいいのです。 泊まったホテルには露天風呂があり雪が降る中でゆっくり温もるお風呂は最高でした。 昼間よりも夜のほうがかがり火もついていてすごくきれいで幻想的です。 そして料理はホタテやウニやイクラや鮭やカニなど海の幸が豊富で美味しいのでお寿司や刺身が多かったです。 イカの塩辛は肉厚でコリコリと歯ごたえがありとても美味しいのでお土産に買ってしました。 温かいものでは石狩鍋やラーメンも美味しいです。 スイーツではソフトクリームやパフェやケーキのミルクの味が濃くて美味しいです。 ホテルでしてもらったスポーツマッサージも気持ちよかったです。 このスポーツマッサージをするために北海道に来るスポーツ選手もいるそうです。 北海道の観光地もいろいろありますがジャンプ台がよかったです。 リフトで上まであがると展望台になっています。 展望台から見る北海道の景色はとても綺麗でした。

セックスに関する愚痴

ママ友のセックスに関する愚痴に疑問 本当はあまり好きではない「ママ友」との集まり会。 ママ友会があると、大抵内容は旦那さんの愚痴ばかり聞かされます。 「旦那の給料が少ない」とか愚痴を零している割には自分は専業主婦。 それに子供には高そうなブランドっぽい服を着せていたりして、親か髪の毛を巻いている。 旦那さん、そういうお金も出してくれるのに何故愚痴るのかがわからない。 ママ友会では、夜の営み事情について出ることもしばしば。 割とどの奥さんの話を聞いても「旦那が相手してくれない」「ベッドに入るとすぐに寝ちゃう」とのこと。 それって、奥さんに原因があるとしか思えないんだよね。 養って貰っているくせして「稼ぎが少ない」と文句を言って、その上「エッチはしたい」なんて矛盾していると思う。 旦那さんと夜の営みをしたいのであれば、もっと優しい言葉の1つや2つ掛けてあげられないのだろうか。 文句ばかり言われていたら、旦那さんも全く夜はギラギラしないだろう。 このままでは、奥さんとエッチをしない所か、夜遊びとかして他の女性と体の関係を持ってしまうのも時間の問題だろう。 何故今時の母親というのはこう、自分勝手でワガママな人が多いのか。 「ママ友」というのはこれだから疲れる。 私は旦那に常に感謝し続ける妻でありたい。